お金が必要!どうする!?

お金が必要!どうする!?

まとまったお金が必要な時、みなさんだったらどうしますか?
先日、私もまとまったお金が必要な機会があって、結構慌てて工面しました。
これは、誰だって遭遇する問題ではないでしょうか。

私が遭遇したお金の必要は、結婚式の費用でした。
弟は車の費用でした。妹は結婚した嫁ぎ先の事業用の運転資金。
結構頻繁に遭遇するもんですね。うちだけでしょうか?

まとまったお金は両親や親族にも借りにくいものです。
私たち兄弟もそれぞれ別の場所からお金を借りました。

私は銀行のカードローンを利用しました。ブライダルに特化したローンだったので金利も安くですみました。
弟は誰もが知るカーローン。自動車メーカーが提携しているローン会社なので特別金利だったそうです。
妹は地方銀行の事業主ローンです。審査に時間がかかったそうですが、無事借りれたそうです。

その他にも、消費者金融や、生活費などの問題だと、公的な窓口があったりするそうです。
このような場面に遭遇しないと分からないような仕組みがあって、かなり戸惑いました。

ただ、保証人が必要なかったり、審査も簡単なものですむ場合もあるようなので、しっかりと調べて借りれたらいいですね。
誰もが直面する場面に、知識があるかないかで金利や返済計画が変わってくるので、まとまったお金が必要になるのを想定して、いろいろと話を聞くのも手ですね。
まとまったお金が必要

桜の木の下で

これは私が実際に高校の時に見た出来事なんですが、私の実家は東京の端っこにあります、西東京市だったんですけど、毎年春になると、部活内で、みんなの手料理を持ち合ってお花見をするっていうイベントがありました。
誰かが言い出すって感じでもなく、自然と行われてました。
まぁ、これが私たちの絆でもある証拠ですね。
私は何故か毎年焼きそばを作って行ってましたね。でも誰かも同じこと考えていたみたいで、かぶった年もありました。
いまでは面白い思い出ですね。話をしているとまたやりたいくらいです。
さておき、その桜の綺麗な時期に、桜の木下で挙式後の写真撮影を行う方々に出くわしました。お天気も晴天。
一枚の絵なんじゃないかというぐらいの綺麗さを放っていました。私たちはもちろん大興奮。新郎新婦さんの幸せそうな笑顔が眩しかったです。こんな挙式もあるんだなって思いました。普通じゃやっぱりつまらないですよね。
友人が用意したサプライズなのか、ウエディングのローンを組んだ時のコースプランなのかは知りませんが、天気にも恵まれて尚且つ満開の桜のタイミングとは、その新郎新婦も本当に幸せだったんじゃないでしょうか。
新婦さんはものすごい泣いてましたけどね。
心の底から嬉しかったんじゃないでしょうか。
私でももらい泣きしてしまいそうな風景でした。私たちもその場面に出会えて幸せ分けてもらいました。
結婚式 ローン

お金のやりくり

情けない事に、私はなかなかお金を貯める事は上手ではありません。
このくらいの年齢になると、そんな事は恥ずかしくて人前ではとても口にする事ができませんが、良い事もあります。
私には付き合って長い彼女がいるのですが、そんなだらしのない私の為に貯金をしてくれているのです。
給料日になれば会い、一緒に銀行へ貯金用の口座へ振り込むのです。
最初は自分のお金が減っていくような、管理されている事に少なくとも嫌な気持ちはしたものですが、それでも今は良かったなと思える程になりました。
やはり、一人ではできなかったものでも間に人が入る事で、できるようになるものですね。
私は自分では貯めた事がない程の金額を貯める事ができましたので、これは彼女との結婚費用だと思って大切にしようと思います。

こういった、お金を貯める事ができない人間の近くには同じ人間が揃っているものです。
私の友人でも貯金のできない人はいます。
彼は既に結婚しているのですが、あまりの貯められないぶりにローンを組んだのだとか。
結婚資金は長い間貯蓄していないとポンと出せるものではありませんから、それでも結婚式を挙げたいのならばローンを組むより他に方法がありませんものね。
結婚式費用 ローン

金額が少なくてもできるそうです

パートにて働いていると、お金はなくても時間があるので余計な事を考えてしまいます。
大学を卒業してから、正社員としても契約社員としても勤務先を探す事ができずに迷いました。
自分がやってみたいと思っている仕事ではないのならば、どんな契約形態であっても働きたくはないと思っていたのです。
しかし、社会的立場が保障されているのか否かというのは結構重要なものなのですね。
学生としていた頃には、そういった社会の常識も知らないままに好き放題していたので、私は少しばかり後悔しています。
どんなものであっても、新卒という立場を利用して正社員に就くべきでした。

今やパートとして勤務していますが、クレジットカードを作ろうにもカードローンを組もうにも審査が通らないのです。
勤続年数も少なく、何度も転職している私にお金を貸してくれたり、ローンを組んでも良いという会社はあまりないのです。
それでも何かないかと探してみますと、借りられる事は借りられるそうですが金利がとても高い。
返す事を考えるとなると、やはりそれでは借りる事はできません。

今はお金を借りる事を考えるよりも、しっかりとした定職を探して正社員として働いた方が良さそうですね。
パート カードローン

お婆ちゃんのびっくり事件

この前電車で30分くらいのわりと近くに住むお婆ちゃんの家に遊びに行ってきたんだけど、
お婆ちゃんの家に見た事のない新しい布団のセットが置いてあって、
お婆ちゃんに聞いてみたところ、知り合った人に勧められて買ったらしい…
とってもいい人でね~、干したりしなくても湿気が籠らない布団だから、お年寄りにはいいんですよって
言われてー…なんて言っていて話を聞いてあげたんだけど、どうにもこうにも怪しい!
20万円もする布団を買わされた上に相手に言われるがままローンを組まされていたのでビックリ!
もしかしてコレってお年寄りをターゲットにした悪質な感じじゃなかろうか?と思って
すぐさま母親に連絡。
実家から母親がその日のうちに飛んできて無事クーリングオフできる期間に解約できました。
年よりの一人暮らしはほんと何があるかわからなくて怖いなぁって思っちゃったよ。
病気も心配だけど、こうやって少し優しくされたりしたら、すんなり人を信じちゃうところとか…
もう本当に危険だらけだなぁと感じました。
それにしても無事クーリングオフできてよかった…そして私が偶然遊びに行ってよかったーとしみじみ感じました。
私も近くに住んでるんだから、もっと気を付けて見に来てあげなくちゃなって思いました。
今まで一ヶ月に一回くらい顔出してたんだけど、もうちょっと頻繁に遊びに行かなきゃね。
20万 ローン

エレクトーンはた快

わたしには4歳から20歳までエレクトーンをやってました。そのエレクトーンの種類も古いものですが、ちゃんとフロッピーが入るので、弾いていても満足はしますが、やっぱり最新のものは音が違うので使ってみたいっていう気持ちと、欲しいという気持ちがありました。
ただ、欲しいと簡単に言えるけれど、金額は50万くらいのローンで返済しなくてはならないものなので、泣く泣く諦めたこともありましたね。
仕事が始まって以来鍵盤にもあんまり触らなくなってしまったので、買わなくてよかったとは思っています。
でも、機種の古いエレクトーンは、今でも実家に大切にとっておいてもらってます。実家に帰ったときは、お遊び程度に弾く時もありますよ。
だって思い出のある物って捨てられないものだと思います。やっぱりたまにやっても面白いものですね。
忙しい毎日が、癒されていくようで、時間を忘れて一日中弾いてることだってありますよ。
歌うのも好きなので、引きながら歌ったりすることもありますね。
エレクトーンはピアノと違って、曲の範囲が広いし、合唱みたいにいろんな音が入り混じってるので、JPOPなどの楽譜もたくさんあります。
もっといろいろな曲にこれからもチャレンジしていきます。
楽譜屋さんがあるとすぐに立ち寄ってしまうくせがあります。
それもまた、余興の一つとして、楽しんでしまっています。
50万 ローン

税金について知る事

私は分割納付の申請が早めだったので差し押さえも無く、延滞金があまり高くならず済んで良かったです。
身内の人間が役所に勤めており(自分の住んでいる場所と管轄は別。)、納税関係の仕事をしている為、相談したところ、延滞金が高くなる前に今頑張って支払った方がいいと言われ、電話し分割納付の申請をしました。
続きを読む

予定がかなり狂いました

以前からの夢だったワーキングホリデーのため、10年ほど勤めていた会社を退職しました。
ある程度貯金もしてきたし、退職金も少なからずやもらえたので、ワーホリに行く前にいくつか海外旅行でもしようと思っていました。
管轄の区役所で離職後の届け出をして一週間程度経ってから実家に住民票の納付書類が届き、金額を見て唖然としました。
続きを読む

住民税の金額の決め方

東京23区在住ですが,住民税の金額の決め方が今一つよくわかっていません。
夫は給与所得者ですが自分で住民税を支払っています。ただ,毎回20万円以上支払っていて,同じくらいの年収の会社勤めの人よりもたくさん払っているのではないかと思っています。
続きを読む

収入のない時の住民税

それなりに年収の多かった仕事を退職したあと、住民税が高額で、収入がなく、非常に困りました。
税務署からは、私にとってはほとんど突然に、まとまった金額での請求があり、資金繰りに困りました。そこで、直接電話で談判し、分割払いをお願いしました。
こういったケースは意外と要望があるのか、割りとあっさりと分割支払いが認められて、対応していただきました。
続きを読む